ロボットビジネス一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LOVOT (らぼっと)間もなく公開

GROOVE X社のコミュニケーションロボットLOVOT(らぼっと)がいよいよ公開されます。この手のコミュニケーションロボットはビジネス的にはあまりうまくいっていないのですが、どのようなコンセプトで出てくるか非常に楽しみです。

現実的なサービスロボットビジネス(2018年秋時点)

色々課題はありますが、2018年秋の段階で現実的なサービスロボットビジネスを考えてみます。音声認識や対話エンジンを活用した受付サービスの代替は受付など限定されたシチュエーション充分に省人化に貢献します。ただし、本当にロボットの筐体が必要かはタッチパネルと比べることが必要です。

ソフトバンクとトヨタとロボット

ソフトバンクとトヨタ自動車のモビリティサービスに関する連携がメディアを騒がしたことは記憶に新しいですが、両社ともサービスロボットに積極的に投資を行っている企業です。将来的には、サービスロボットに関しても連携があるかも、というのは妄想でしょうか?

2018年ロボット大賞発表

2018年のロボット大賞が発表されました。ロボット技術のレベルの高さより、現実的に使われている現実感が評価されたようです。如何にも「ロボット」というものは使えない、現実的に使えるものは単機能、シンプルで「ロボット」とはもはや言えないのが悩ましいところです。

サービスロボットの課題(リスクベネフィット)

社会的受容性の一つの要素としてリスクベネフィットという概念があります。これは、ユーザーが受けるベネフィット(うれしさ)と被るリスク(酷さ×確率)を鑑みて受容するかどうか決めるということです。例えば飛行機に乗っている客は、まれに墜落するというリスクと早く着くというベネフィットを天秤にかけているわけです