ごあいさつ

はじめまして。博士(工学)&中小企業診断士のケイスケです。学生時代、そして企業のR&D部門で長年ロボット開発を行ってきたエンジニアです。一方、中小企業診断士として、細々ではありますが中小企業様の経営支援を行っています。

サービスロボットとは、工場などの生産現場で使われている産業用ロボットとは異なり、医療介護、警備、接客・案内、家事などの場面で、人の能力の代替・拡張・補助を行うロボットです。また、サービスロボットの中でも、日常生活の中での家事支援や介護支援等を行うロボットをパートナーロボットと呼ぶことがあります。本サイト(ロボビズ)では、特に人のそばで動作するサービスロボットに注目していきます。

経済産業省が、将来日本の基幹産業の一つに成長させるべく、ロボットビジネス創出に向けた取り組みを進めています。2010年の経済産業省とNEDOが行ったサービスロボットの市場予測によると、2020年には現在の産業用ロボット並みの1兆円という一大産業になるとされています。

このように新ビジネスとして挑戦しがいのあるサービスロボットですが、事業として成立させていくためには多くの壁があることも事実です。ロボビズでは、ロボット開発者と経営コンサルタントの2つの目線から、それら壁の見える化と遠回りしないための事業化戦略の提言を行っていきます。もちろん事業だけでなく、サービスロットに興味がある皆様に様々な情報を提供していきたいと思います。サービスロボットに興味のある経営者、開発者の方々の何かしらの参考になりましたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする