スポンサーリンク
スポンサーリンク

現実的なサービスロボットビジネス(2018年秋時点)

色々課題はありますが、2018年秋の段階で現実的なサービスロボットビジネスを考えてみます。音声認識や対話エンジンを活用した受付サービスの代替は受付など限定されたシチュエーション充分に省人化に貢献します。ただし、本当にロボットの筐体が必要かはタッチパネルと比べることが必要です。

WRS(ロボットサミット)レポート(その他)

WRS(ロボットサミット)のレポートです。サービスロボット関係の展示ではトヨタブースが目立ってました。ヒューマノイドをはじめ色々なロボットの紹介がされていましたが、どれも実用化は遠そうです。まずは工場で自律的な腕付きロボットがもっと活躍する時代が来ないと・・・

WRS(ロボットサミット)レポート(腰アシストスーツ)

WRS(ロボットサミット)のレポートです。いくつかのメーカが出展していた腰アシストスーツ。重量物の上げ下ろしの負担感の低減に効果があり、工場や介護現場など腰に負担がある作業は多くあるため、そこそこのビジネスが成立すると考えます。あともう少し価格が下がればね。

WRS(ロボットサミット)レポート(サービスロボットチャレンジ)

WRS(ロボットサミット)のレポートです。ここではトヨタの移動マニピュレータロボットHSRを用いた競技の観戦記です。一言で言うと見れば見るほど現状のロボットの出来ることの限界にがっかりするという感じです。技術的に難しいのは理解しますが、期待値とのギャップが・・・

WRS(ロボットサミット)レポート(コミュニケーションロボット編)

WRS(ロボットサミット)のレポートです。ここでは人間と対話することが主目的なコミュニケーションロボットについて考察します。メディアでも話題になった黒柳徹子さんにそっくりな対話ロボット「totto」。話題性は高いですが、対話ロボのうれしさってよくわからないです。

ソフトバンクとトヨタとロボット

ソフトバンクとトヨタ自動車のモビリティサービスに関する連携がメディアを騒がしたことは記憶に新しいですが、両社ともサービスロボットに積極的に投資を行っている企業です。将来的には、サービスロボットに関しても連携があるかも、というのは妄想でしょうか?

2018年ロボット大賞発表

2018年のロボット大賞が発表されました。ロボット技術のレベルの高さより、現実的に使われている現実感が評価されたようです。如何にも「ロボット」というものは使えない、現実的に使えるものは単機能、シンプルで「ロボット」とはもはや言えないのが悩ましいところです。

WRS(ロボットサミット)事前情報

WRS(World Robot Summit)が2018/10/17から東京ビッグサイトで開催されます。ロボビズではサービスロボットの本丸競技に注目している。しかしながら要求される技術難易度は非常に高く、期待とギャップの大きさに驚くことでしょう。是非、現実を知ってください。